大学時代に過ごした阿蘇に住みたいと 10年以上の月日をかけてようやく念願の土地をGet! 潤沢な予算がないのは当然だが、自分たちの家作り!こんな楽しいことを自分でやらずにどうする!という強がりな見切り発車でセルフビルドの家作りに無謀にも挑戦する40男とその家族のブログ…
これから田舎で家を作ろうとする人の参考になれば幸いです。
家作りの基本となったのは愛して止まないランドクルーザーたちの長さと幅。 これを具現化するのに協力をしてくれる仲間たちに心の奥底から感謝しつつ物語は始まります。

2011年01月02日

縄張りをはっきりさせろ! @遣り方準備〜

2010年8月25日の記事ではいきなりベタ基礎の生コン打ち作業の記事になっていますが…
その前に「遣り方(やりかた)」の「貫(ぬき)」をまわす前に ここに家建てんぞ!と宣言する縄張りを行う作業がありました。
設計してくれた友人が阿蘇にいてくれていたときにメジャーを購入し境界杭を打って住居やガレージの広さを実感してはいたのだけど…

メジャーを使いピタゴラスの定理で「矩(かね=直角)」をだしながら実際の建築物よりもひと回りおおきく杭を打っていき「貫」とよばれる一定のレベル(基準となる水平高さ)をもった木材で建設現場を囲む作業を行います
kotohajime.jpg
黒く見えているのが僕が打ち込んだ境界杭
kotohajime2.jpg
先輩とテープメジャーで「矩」を出しながら縄張りをあきらかにしていくと 自分が直角だと思って打ち込んだ境界杭も案外あてにならないものだった;

上記の画像のデータからこの作業は2010年7月30日に行っていたことになります

っと上のような作業を行う前に… セルフ地鎮祭?!を行いました
家を建てる地区の鎮守の杜に先輩とでかけ 氏神様にこれからの作業にかかる安全を祈願しました
そして地元南阿蘇は高森で作られた日本酒(れいざん)をお神酒にして建物の角々になってくる場所に心の中でお祈りをしながらお酒を献上しました
omiki.jpg


さてさて
テープメジャーにピタゴラスといっても素人が更に精度を上げた直角を求めるには測量器械に頼るほかない
一般的にはもっと原始的にこれをもとめる商品としてカネピタ↓なる商品もあるのでこういった商品の利用も素人には非常に有意!


ただ今回は「トランシット」を借りてこられたのでこれを利用する必要はなかったけど;
でも実はこのトランシットでレベルが見れると思っていたのは公然の秘密です;
transit.jpg
このトランシットが任意の点から任意の水平方向のポイントの角度を計測できるのに対し レベラーは一定の高さを遠く離れた任意の縦軸方向のポイントに求めることが出来る優れもの 精度はそんじょそこらの双眼鏡の比ではない…
P1040490.JPG
画像の向こうに見える杭がこのレベラーを覗くと↓こんな具合に見える
P1040489.JPG

デジタルのレベラーを用いればレーザーと音声を用い一人でレベル(一定の高さの印づけ)がだせるのだが なかなかどうして↓こんな具合に2人で作業し杭の向こうで定規を持った人間がレベルを覗く人間の指示のもと杭に印をつけていく作業は決して精度の低いものではないのです
P1040491.JPG

能書きたれていますがトランシットもレベラーも借り物です; お世話になりました!!

とりあえずこれらのアナログ?測量機器を使用して打ち込んだ杭に貫(杭に打ち込んだときに上方に来る面はカンナをかけて綺麗に”面”を出してやっています)を打ちつけ画像のような状態になりました。 この貫の上端はこれから作業を進めていくのにいちいち基準となる非常に重要なポイントとなります。
基礎を立ち上げ土台の木材を設置するためにコンクリートの天端に「墨」を打ちますがそのときまでこの柵のようなものは決して外すことは出来ないのです!
P1040493-2.jpg
P1040495-2.jpg

この作業をやることで益々セルフビルドやるんだぞっていう実感が高まること間違いなしです
posted by ココクル at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎・生コン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

15日目 ふ び1 A土台材木の刻み

15日目

 昨日で梅雨の雨が全部降り尽くしたのではないかと思えるくらい。気温も上がり朝の小雨を除けば、陽も差して清清しい1日だった。
 朝から今日は墨付けをしておいた土台の材木のホゾの加工を行う。
 最長4mの材を使っても足りない場所は腰掛け蟻継ぎの加工をしていく。機械でホゾをつくり鋸とノミでオスメスの継手を加工していく。

2日前に切り揃えた土台の部材
P1040265.jpg



赤く示したところが土台の部材。数字とアルファベットの組み合わせで、材の納まるべき所を示してある。クレヨンで出来上がった材にはその符号を書き留める。
P1040267.jpg

オスと
P1040269.jpg

メスを加工して
P1040271.jpg

継いでやります
P1040272.jpg

これで長い材木も作り出してやることが出来る。
P1040275.jpg

 洗濯してお風呂から戻って先輩宅で夕食をご馳走になる。
 請け負っていた奥さんのコンピュータの修理をして帰宅。
 明日も晴れろよ!
posted by ココクル at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎・生コン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。