大学時代に過ごした阿蘇に住みたいと 10年以上の月日をかけてようやく念願の土地をGet! 潤沢な予算がないのは当然だが、自分たちの家作り!こんな楽しいことを自分でやらずにどうする!という強がりな見切り発車でセルフビルドの家作りに無謀にも挑戦する40男とその家族のブログ…
これから田舎で家を作ろうとする人の参考になれば幸いです。
家作りの基本となったのは愛して止まないランドクルーザーたちの長さと幅。 これを具現化するのに協力をしてくれる仲間たちに心の奥底から感謝しつつ物語は始まります。

2011年06月26日

追掛大栓継 【おっかけだいせんつぎ】

自宅をセルフビルドすると取り組んで1年…
うちぐらいの規模の家ならマシンカット工場に依頼すればきっと1日で組み上げられる状態に切り刻まれるんだと思います
敢えてそれを自作することに意味はあるのか? ただただ過程を楽しみ、振り返ったときになんだか残せるものがあればいいなぁ っと

さてその作業の中でも素人の自分にとって一番頭が痛いのがタイトルの「追掛大栓継」
長いものになると9mを超える桁とかが必要になってきますが、そんな材料はなかなか取れるものではないでしょうし、あったとしても高いことでしょう。

梁、桁、母屋などで持ち出し継の継手として多用され、地震などによる曲げ、引っ張っりには特に優れているとされています。

で素人はこんな具合に日進月歩刻んでいるわけです…
@部材に墨(鉛筆ですけどね;)をつけます
P1060225.jpg

Aこれに沿って要らない部分を大まかに切り落としていきます
P1060226.jpg

P1060227.jpg

B横にして最も切断距離の短い深さで何度もカットのラインを入れます。その後ノミでこれらを落としていきます。
P1060228.jpg

C仕上げは鉋で表面を均して
P1060229.jpg

Dレベルを見てみます
P1060230.jpg

E最初の頃はこの部分や他に大きく落とす必要がある部分はチェーンソーやグラインダーでガンガン作業をしていましたが、地道に作業するほうがやはり素人故の誤差が少なくなるような(あくまで)気がします。 ちなみゼットソーでこの(刻み)作業すると切れ味は2ヶ月持たないです; 高い鋸でもそうだよ!ってアドバイスされたので、おいそれと手が出せないのでゼットソーを使用しています;
P1060216.jpg

P1060217.jpg

F上のように5分(15mm)の切込みを入れたらノミで落とし、差し金(幅が5分=15mm)を差込みうまく刻めているか確認します
P1060218.jpg

P1060219.jpg

Gどっちが女木でどっちが男木なのかしりませんんが; これは受けになるほうの部材です
P1060215.jpg

何本もやれば頭の中に作業工程が入るよ!といわれますが 何本刻んでも他に刻んだ材木を確認しないと頭の中がこんがらがる三次元?の刻み…

ガレージ棟上の刻み終了まで 本当にあと少し! がんばれ俺;
posted by ココクル at 13:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月23日

夏至の空は真っ青!

近頃は日が落ちるのが遅く作業に打ち込んでいると気がついたら9時!とかってことがよくあります。
梅雨の豪雨のニュースが続く中(ここ南阿蘇あたりも年間降雨量の半分くらい降ったらしいです)いきなり夏日のニュース。 いやぁ〜昨日は暑かったです;

さて最近の報告です。家族は父ちゃんを残し南の島に飛び立ちました。次回の帰国はお米の収穫のころか…

長らくお世話になっていたクマケンさんの仮設トイレ。建築開始1年を機に自家用トイレに切り替えることに…。 
P1060060.JPG
長らくお世話になりました〜 5/31まで超満タンで使用。上村商会さんのバキュームカー(汲み取りは量にかかわらず仮設トイレの場合4500円/回)で最後は綺麗に!

新しいトイレはヤフオクで入手。ただ説明を見落としていたので水洗でなかったことに気づかず…
僕自身が和式を使いづらいこともあって洋式便座をおごって、バクテリアの作用で消臭をおこなう秘密兵器を併用しながら使用しています(こないだの大荒れの天気で一回こけましたが;)。
P1060058.JPG
積んできた新しいトラック(売り出し中)と共に姫路から御輿入れです。事務所のトイレがつくまで頑張って貰いましょう!手前の友人からプレゼントされた冷蔵庫はトイレではありません;

あ報告が遅れましたが、浄化槽7人槽は無事に設置が終了しています。お雛様の頃だったか…
埋め込みの日の画像の白い点は雪はなごり雪。
7人槽を埋めると2トンダンプ5杯の土が出ます;
P1050595.JPG


P1050624.JPGP1050629.JPG

村の補助金も遅くなるかもしれないと言われたものの工事完了からほどなくして入金されました。

さて昨日夏至の日。夕方の空はもうすっかり夏の様相です。
画像は4時半ごろ何ずいぶん高いところにある夕陽; 電線の真上!
P1060212.JPG

台風に倒されたテントの中の荷物の保管と今後の雨の日の作業に備えて まだ家族がいた時分から作業小屋兼納屋の製作に(これで本体工事はまた遅れるわけですが; 笑)。
P1060177.JPG
P1060182.JPG
P1060190.JPG
P1060064.JPG
雨の中シコシコと作業を続けて運用開始!となったのが昨日の夏のような陽気の中でした。
あでも誤算で日を遮ってくれるのでそれはそれでありがたいです。
軸組みのメインの材料は、いつものように藤田製材で購入あとはテントの無念を晴らすべくそこからの廃物?利用です。テントのスクリーン部分は住居?部分の小屋の網戸に はははは。
転んでもタダでは起きない!

大雨などの不順な天候にはクレグレも気をつけましょう!
posted by ココクル at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。