大学時代に過ごした阿蘇に住みたいと 10年以上の月日をかけてようやく念願の土地をGet! 潤沢な予算がないのは当然だが、自分たちの家作り!こんな楽しいことを自分でやらずにどうする!という強がりな見切り発車でセルフビルドの家作りに無謀にも挑戦する40男とその家族のブログ…
これから田舎で家を作ろうとする人の参考になれば幸いです。
家作りの基本となったのは愛して止まないランドクルーザーたちの長さと幅。 これを具現化するのに協力をしてくれる仲間たちに心の奥底から感謝しつつ物語は始まります。

2016年05月27日

長々とお休みしてしまい…

P5223591.JPG生来のものぐさに仕事での多忙が追い打ちをかけ、最後にはご存じのようにこの村を襲った大地震!
この間使用していたパソコンは2台がダメになり3台目… 画像を遡って記事を作ることが必要です;
いろんな大変なことが山のようにありましたが、かくして我が家は現在このような形になっております。
画像は訪ねて来てくれた大学の後輩と。裏の夜峰山が地震で崩れているのが分かります。 で隣の自宅部分の外壁を張り終える工事も終わっています。
少しずつセルフビルドの記事をアップしていきますね。
posted by ココクル at 07:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

透湿防水シート施工

ここ南阿蘇村はすっかり秋めいてきました。周りの田んぼも稲穂が頭を垂れて収穫の日を指折り数えて待っています。最近は電気毛布がないと寝れなくなってきたし、昨日は近所のお宅にコーヒーをご馳走になりにいったらストーブを入れてもらいました; 今秋初ストーブは秋分の日でした・・・
さて画像のプロパティを見るとどうやら8月の上旬に件のシート張り作業を始めたようです。
DSCF7382.JPG
monotaroで購入 コストパフォーマンスに最も優れていました 後から判明することになりますが風に対する強度も文句なしの商品でした。
DSCF7416.JPG
DSCF7430.JPG
この前後 福岡からランクル友達の元ちゃんや同じ村のランクル乗りの後藤さんが手伝いに来てくれて
感謝 感謝!
友達が手伝いに来てくれた夜は接待です 久々のハンドルキーパー!
DSCF7417.JPG

一人で作業する時はこんな具合に思いっきりシートを引き伸ばして… 一気にタッカー(ホッチキス)で柱に打ち付けて行きます
DSCF7431.JPG
とにかく時間が惜しいので夜中も車のライトで照らしながら・・・
DSCF7437.JPG
後藤さんは事あるごとに手伝いに来てくれるので 足を向けて眠れません;
DSCF7570.JPG
DSCF7572.JPG

このあたりで仕事が入ったので10日ほど関西と四国を行脚して… 熊本に戻ってきた次の日…
昭和16年生まれの2人組みが加勢しに京都からやってきました… 
DSCF7574.JPG
思いのほかお袋が金槌の扱いに長けていたことに42歳の息子は驚いたのです;

同時進行で親不孝な息子はシート張りの最終工程を行います 
もう手持ちの道具じゃ届かないので トラックの上に梯子をセットして… 未だ(9月の終わり)にふくらはぎの変なこわばりがとれません;
DSCF7577.JPG


DSCF7578.JPG
この状況まで仕上げて 仕事で南の島フィリピンに行くことに
この後わが身にとんでもない火の粉が降り注いだのですが…

2012年の夏はこんな感じでほぼ終了!

posted by ココクル at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

サッシ取り付け

2012年になりました。皆さん遅ればせながら明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。記事のアップも出来ていなかったので少々荒らされていました;
相変わらずの牛歩作業ですが、暮れには筋交い入れたり根太を張り巡らしたり、間柱を入れたりサッシの揃わない状況で騙しダマシの作業を続けていました。というのも棟上をしてしまうと次に外壁を設置するにはまずサッシ(窓)の設置が大前提になってくるからです。
兎にも角にもここ南阿蘇の冬の時期に外で作業をするのは非常に辛いものがあります; 雪は暮れから2度ほど降ったはずですが、幸いなことに前回南の島から戻ってきてからは2,3日ほどしか雨が降っていません。

大晦日から正月と車の回送を行い、正月に京都の実家で少々事務的な仕事をしながら前からずっと狙っていたシャッターつきのペアガラス(トステム アトモス2)を2セットヤフオクで購入し南阿蘇に帰る前に途中で立ち寄って引き取ってきました(このために軽トラも合わせて購入 笑)。値段も大変お買い得で、売主さんには積み込みを手伝っていただきオマケもして頂きました。また是非お世話になりたいと思っています。

ちなみにサッシの搭載状態はこんな感じ。以前からのスタイルで垂木用のクランプと単管を使い櫓を組んでサッシを積み込む。プロでもある売主さんのアドバイスで硝子等を外し重心が高くなるのでサッシの頭にあるシャッターを下になるように積載。このまま倒れて翼の様に広がって空飛んでくれたら良いのに…
IMG_20120109_172042.jpg
仮住まいの小屋で窓を取り付けたので、要領は分かっているものの今回は事務所への取り付けになるのでネットなどでイメージトレーニングをするもののやっぱり文章じゃ分からない…
そこでラップトップを外に持ち出しカメラを繋いで設計をしてくれた建築家(兼棟梁)の友達に連絡をとり、疑問に思っているところや自信のないところを直接確認した。 いやー便利な世の中とはいえ、子供と公園で遊んでいるのにお邪魔してしまいました; 感謝 感謝!

さて色んなサイトで事細かにサッシの取り付けに関して「為になる」記事がアップされているけれど、とてもじゃないけど撮影している暇はありませんでした; それにシャッターつきのサッシは非常に重く床の取り合いやマグサの取り付け位置の墨付けなどその度に上げたり下ろしたりがもう兎に角大変; これ2階とかだともうひとつ大変だわなぁ
P1070703.jpg
画像にあるように上の軒桁に仕事で使う滑車を使ってロープで上げたり下ろしたりを繰り返した。これが大変! 

土台に載せただけでは駄目なので、土台〜根太上端60mmプラス檜の床材15mmにサッシの掃き出し部分がのっかるように土台に35mmの下駄を打ちつけ、この上にサッシが載るようにした。

そして左右の柱の隙間がほぼ同じようになるようにスペーサー(5mm厚のベニヤと間柱を加工したとき?の3mmくらいの長〜い薄材)を入れ、サッシの水平とそれぞれの対角を計り枠が歪んでいないことを確認!

って↑こんなこと悠長に撮影しながら作業は出来ません 笑。

枠上のマグサは柱をそれぞれ15mmずつ欠き込んで設置。必要箇所をスリムビスで留めていき硝子を入れてクレセントの動きなどを確認。網戸つけてシャッターの動きを確認。 はぁ〜半日かかって設置完了。
P1070704.jpg
P1070705.jpg

床の取り合いとか スペーサーのこととか他で紹介されていることが、作業すると分かってくるね。
今夜は天気予報に雪マークが付いていたけど…

さて温泉に出かけて体を暖めてきます。
posted by ココクル at 20:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。